Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/58-0f5ba729

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    不動産取得税(土地)の納税

    とうとう、不動産取得税の納税通知書が届きました。

    恐る恐る金額を見てみると、「おーっ!(思ったより安くて良かった)」(←いくらかは秘密です。)
    土地に関する税額は、固定資産課税台帳の登録価格に基づくとありましたが、納税通知書に記載されていた課税標準額は、実際の取得価格の1/3程度でした。(課税標準額と取得価格との差は、取得した土地によって異なると思いますので、必要に応じてよく確認してください)

    前回記載したとおり、今回の取得税は土地取得に関するものですが、土地に住宅を新築する場合は、一定額の減額を受けることになります(→特例適用住宅用敷地に該当するため)。
    建物が未完成のこしのの場合は、一度納税した後に、還付を請求しなければいけません(面倒だけど)

    事前に、その制度を把握して還付もれのないようにするため、まず、申請書類をホームページからゲット。
    ただ、添付書類がよくわからないため、役所に電話で確認しました。

    結果、還付申請書に必要事項(土地、建物の取得状況のほか、取得税の納税状況など)を記載し、建物の登記事項証明書を添付すれば、足りるそうです。

    今後、建物の取得に関しても不動産取得税がかかるわけですが、こちらも新築の場合は、延べ床面積の基準を満たせば一定額の控除を受けることができます(→住宅特例控除)。

    こちらの減額申請手続きについても確認すると、建物についてはあらかじめ特例控除を適用した上で税額を計算し、納税者に通知するため、申請は不要とのこと。控除適用の結果、納税額がない(0円)の場合は、納税額決定通知書なども送付されて来ないそうです。

    建物の不動産取得税は、取得した年の翌年6月に納税することとなるため、来年の6月に何も来なければ、納税の必要はないとのこと。
    通知書届きませんように・・・

    なお、不動産取得税は都道府県税のため、住宅を建てる都道府県の制度を事前によく確認することをお勧めします。


     ↓ランキング参加中↓(皆さんの1クリックが「こしの」のやる気を引き出します!)
      人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/58-0f5ba729

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    こしの

    Author:こしの
    住友不動産 Jアーバンコートで新築(2010年3月28日竣工)
    新築の記録とその後の生活、その他気がついた話題を書いています。

    FC2カウンター

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。