Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/221-bfb0d8ff

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    玄関階段に手すりを付けました

    下の写真は、新築当時(2010年春)の玄関前の様子です。

    P1010534.jpg

    新築した際も手すりをつけようか迷ったのですが、コストを考えて見送りました。

    入居後に気付いたのが、冬期間の問題。
    雪が降ったあとに凍結すると、すべること。

    住んでいる自分たちは気をつけるとしても、朝の新聞配達の人とか転んだら困るな、と。

    そうこうしているうちに、気を付ければいいと思っていた住人の1人が転倒するという事件発生。
    (あえてだれかは名指ししないけど、たしか階段でも転んだよな。)

    幸い大事にはならなかったものの、このままでは放置できないため、手すりをつけることを決断。

    業者は、住友不動産のアフターIさんに地元の外構工事業者をご紹介いただきました。

    2回ほど打ち合わせを重ね、完成したのがこちら。

    P1010982.jpg

    製品は、三協立山アルミのエトランポUというシリーズです。
    商品の紹介サイトはこちらからどうぞ

    色は、支柱がアーバングレー、笠木(手すり部分)がダークブロンズ。
    支柱は既設のフェンスの色に、笠木は外壁(ふかし壁)の色に合わせて選択しました。
    結果、結構調和していると思うので、成功だったと思います。



    P1010984.jpg

    正面から見るとわかるように、右側は階段部分に垂直に支柱を立てていますが、左側は側面に支柱を立てています。
    これは、両方とも垂直に立てると階段が狭くなるような気がしたからです。

    ちなみに費用は全部で10万円。
    資材費よりも施工費の方が高いです。
    側面取り付けの方がコストはかかるようですよ。

    笠木(手すり部分)は両方とも支柱の真上に取り付けています(カタログでは「上部笠木納まり」)が、内側に突き出した形(同じく「フロント笠木納まり」)で取り付ける方法もあります。
    また、我が家が取り付けたのは支柱も笠木もアルミ製ですが、笠木部分を樹脂製にすることも可能です。
    樹脂製にすると、天候の影響で手すりが熱くなったり冷たくなったりするのを和らげられるとのことです。

    P1010983.jpg

    側面取り付けの状況です。
    階段の1段目と4段目の側面に取り付けていますが、残念なことに1段目の方が高さが足りなかったのか、4段目よりも若干上(階段のレベルに近い)の位置に取り付けられています。
    その結果、左右の手すりの勾配が多少違ってしまいました。

    まあ、真横に立ってみないとわからないので、気にしないことにします。

    これで雪の季節も、梅雨時期の今も、滑って転ぶなんてリスクが多少なりとも減らせたと思います。
    そこそこ大きな出費でしたが怪我するよりは良いでしょう。
    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/221-bfb0d8ff

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    こしの

    Author:こしの
    住友不動産 Jアーバンコートで新築(2010年3月28日竣工)
    新築の記録とその後の生活、その他気がついた話題を書いています。

    FC2カウンター

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。