Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/132-9f98d90a

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    読書の秋

    いつまで暑さが続くのか・・・などと言っていたら、めっきり涼しくなりましたね。
    遅れたとはいえ、秋はちゃんとやってきました。

    タイトルどおり「読書の秋」というほど本を読む趣味はないのですが、先日、たまたま本屋に行ったら、気になる本があったので買ってきました。

    タイトルは、「プラチナデータ」

    作者は、東野圭吾さんです。

    東野作品は、なぜかこしの夫婦ともども好きで、これで3冊目。
    (好きな割には3冊目かよ、という突っ込みもあると思いますけど

    読み始めたきっかけは、TBSドラマ「白夜行」でした。
    裏番組のCM中になにげなくチャンネル合わせただけだったのに、出てきた子役2人の演技に「なに、この重い雰囲気」という感じではまってしまった。

    普段はドラマ見ないんですけど、このドラマだけははまりましたね。
    ただし、最終話のラストシーンを見て「うそだろー、それで終わるか」
    と憤慨。

    理由はネタばらしになるので、書けませんが、ドラマの流れ上、散々いろいろあって、最後それで終わりで良いの?とこしのが思っただけです。

    あまりにも納得がいかないために、「それなら原作で確かめる」
    と読んだのが、そもそものはじまりです。
    原作はドラマのさらに何倍も重いものでしたよ。

    2冊目は、「流星の絆」
    これもドラマ化されました。
    ただし、ドラマは白夜行で懲りたので、こちらは最初から原作を読みました。

    それで、今回が3冊目。
    間違った解釈かもしれませんが、推理小説として読みました。
    読み終わった頃には、別のテーマがあったことに気づきましたけどね(遅いかな)

    中途半端に内容を書くと、これから読む人に変な情報になってしまうのでやめておきますが、期待を裏切らない、読み応えのある本でした。
    また、ドラマ化されるかな(されても見ない可能性大)
    そういえば、先日やっていた「新参者」の作者も東野さんでしたね。

    P1010688.jpg

    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/132-9f98d90a

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    こしの

    Author:こしの
    住友不動産 Jアーバンコートで新築(2010年3月28日竣工)
    新築の記録とその後の生活、その他気がついた話題を書いています。

    FC2カウンター

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。