Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/125-612584e9

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    家屋調査が来ました

    登記をすると「必ず来る!」と言われていた固定資産税評価のための家屋調査。
    なかなか来ないな~、ひょっとして見落とされているのかな~(しめしめ)、と思っていたら、とうとう文書で「お願い」が来ました。

    こちらから電話すると、役所のお仕事ゆえに「原則、平日でお願いします。」ということなので、今日、半日休みを取って家屋調査を受けました。

    2人で来て、まず、こちらが用意した設計図面を見ました。
    設備関係を入念にチェックするのかと思ったら、登記図面から作成したと思われる持参の求積図に壁の位置を記入。
    終わると、「では家の中を拝見します。確認する内容は、壁や床の資材、窓の大きさなどになります。」

    確認していた内容は、
    ・階段の広さ
    ・部屋の天井高
    ・窓の大きさ
    ・インナーバルコニーの開口部の大きさ
    ・サンルームの床(タイル張り)
    ・システムキッチンの大きさ
    などでした。2人で1階と2階に分かれて確認していたので、見逃した部分もあると思います。

    訊かれたことは、

    「この家は、2×4(ツーバイフォー)ですか?」
    →はい。

    「お風呂の給湯は、追い炊き機能がありますか?」
    →はい。

    「床暖房は?熱交換式の24時間換気システムはありますか?」
    →どちらもありません。

    くらいです。
    途中で、1人が外回りを確認に出ましたが、それも窓の確認が中心だったようです。
    2台もある蓄熱暖房機がどう評価に影響するか戦々恐々でしたが、まったく触れられず。
    事前に情報収集したところでは、コンセントの数、インターホンの録画機能、LAN配線もチェックするという話しだったのですが、それを確認した様子は見られませんでした。

    でも、ダイニングの天井換気扇はしっかりチェックされましたね。

    確認が終わると電卓でささっと計算して、
    「お宅の固定資産税評価額は、概算で○○円です。固定資産税は、1.4%なので年額○○円、当初3年間は減額措置があるので○○円くらいになります。減額措置が終わると元の税額に戻りますが、年々減額となり25年経過すると2割程度の額まで下がります。」
    「評価額は国の基準を元に算定します。あとで高くなると悪いので、今提示する概算額は高めに見積もっています。」

    という説明を受けました。
    固定資産税評価額は、再取得額(同じ建物を建てるために必要な額)で計算すると言っていましたが、実際の総工事費用(地盤改良、外構込み)の4割程度の額でした。

    他には、
    「建物にかかる不動産取得税は、軽減措置を適用すると0円になります。」
    →それは良かったです

    「土地の取得税は、住宅新築で還付されますが、手続きはしましたか?」
    →もちろん、還付してもらいました。

    など。
    以上は、文書を元に説明してもらい、概算税額などはちゃんと手書きで記入したものをいただきました。

    さすがお金が絡む仕事だけに、対応はしっかりしていましたね。
    トータルで30分くらいで終了しました。

     ↓ランキング参加中↓(ご覧いただきありがとうございました。参考になった、面白かった、と思っていただいた方は1クリックをお願いします。)
      人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://koshinoat.blog109.fc2.com/tb.php/125-612584e9

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    こしの

    Author:こしの
    住友不動産 Jアーバンコートで新築(2010年3月28日竣工)
    新築の記録とその後の生活、その他気がついた話題を書いています。

    FC2カウンター

    検索フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。